所在地・診断時間

断酒継続のための具体的な注意事項があれば教えてください。

本文を読む >>
-->

治療開始後、断酒を数週間続け、今まである程度飲みたかった酒ですが、今は飲みたいという気持がなくなりました。これでもう大丈夫と思います。今後の断酒にも自信があるのですが?

本文を読む >>
-->

慢性の禁断症状とはどんな症状でしょうか。

本文を読む >>
-->

断酒してから、かえって体のあちらこちらに故障が出てきて困っているのですが、どうしてですか?

本文を読む >>
-->

内科の先生から、少しくらいなら飲んでも良いと言われましたが、本当によいのでしょうか?

本文を読む >>
-->

断酒のため、自分のアルコール問題を考えるように言われていますが、そのためには各医療機関で行われている院内ミーティングなどの治療プログラムだけで充分と思われます。その上に断酒会やAAに参加する必要があるのでしょうか?

本文を読む >>
-->

現在、自分なりにがんばって断酒を継続しているのですが、家人がなかなか信用してくれません。また、家人が信用してくれても、職場や親せき、その他周囲の人が全く信用しません。これ程努力しているのにどうせ信用がないのなら、いっそのこと飲んでしまおうかと思う時もあるのですが。

本文を読む >>
-->

ノックビン、シアナマイドなどの抗酒剤の働きはどういうものでしょうか?

本文を読む >>
-->

自分には飲酒欲求もなくなり、もう抗酒剤は必要ないと思います。また、飲酒しそうな危ない時だけ抗酒剤を服用すればよいのではないでしょうか。それに抗酒剤に頼っての断酒は本物でないという気があるのですが。

本文を読む >>
-->

アルコール症の専門的治療を受ける際に心構えがあれば、教えて下さい。

本文を読む >>
-->

アルコール中毒とアルコール依存症とはどう違うのですか。

本文を読む >>
-->

よく先生方から「なぜ酒をやめなければならないのですか」という質問を何度も受けますがなぜですか。

本文を読む >>
-->

断酒会やAAに参加することにあまり抵抗はないのですが、自分は人前でしゃべるのが苦手のためどうしても足が遠のきます。なにか方法はないものでしょうか。

本文を読む >>
-->

院内のミーティングや地域の例会で体験談を話すように言われますが、どうもうまく話せません。体験談を語るコツがあれば教えて下さい。

本文を読む >>
-->

断酒会やAAをなぜ自助グループと呼ぶのですか。また自助グループとはどういう意味のものでしょうか?

本文を読む >>
-->

断酒後の空白な時間が耐えられない。どうすればいいのでしょうか。

本文を読む >>
-->

アルコール依存症の治療を阻害するもの「三つの誤解と偏見」(1)

本文を読む >>
-->

アルコール症の治療を阻害するもの「三つの誤解と偏見」(2)

本文を読む >>
-->

アルコール症の治療を阻害するもの「三つの誤解と偏見」(3)

本文を読む >>
-->

アルコール症の本質「飲み方の異常」(1)

本文を読む >>
-->

アルコール症の本質「飲み方の異常」(2)

本文を読む >>
-->

アルコール症の本質「飲み方の異常」(3)

本文を読む >>
-->

アルコール症の本質「飲み方の異常」(4)

本文を読む >>
-->

アルコール関連社会障害「人間関係の障害」(1)

本文を読む >>
-->

アルコール関連社会障害「人間関係の障害」(2)

本文を読む >>
-->

アルコール関連社会障害「人間関係の障害」(3)

本文を読む >>
-->

アルコール関連社会障害「人間関係の障害」(4)

本文を読む >>
-->

アルコール関連社会障害「人間関係の障害」(5)

本文を読む >>
-->

アルコール関連社会障害「人間関係の障害」(6)

本文を読む >>
-->

アルコール関連社会障害「人間関係の障害」(7)

本文を読む >>
-->

アルコール関連社会障害「人間関係の障害」(8)

本文を読む >>
-->

酒をやめたいと思っているのですが、いつも失敗してしまいます。何か断酒を上手く継続するコツのようなものはありませんか?

本文を読む >>
-->

飲酒のため肝臓障害があると言われましたが、酒をやめたら治るのでしょうか。また肝硬変症になればもう治らないというのは本当ですか?

本文を読む >>
-->

断酒会に参加しても過去の話ばかりです。同じ体験談を繰り返すことに何か意味があるのでしょうか。

本文を読む >>
-->

第1章 アルコール症の治療を阻害するもの(1)

本文を読む >>
-->

第1章 アルコール症の治療を阻害するもの(2)

本文を読む >>
-->

第1章 アルコール症の治療を阻害するもの(3)

本文を読む >>
-->

第1章 アルコール症の治療を阻害するもの(4)

本文を読む >>
-->

第1章 アルコール症の治療を阻害するもの(5)

本文を読む >>
-->

第1章 アルコール症の治療を阻害するもの(6)

本文を読む >>
-->

第1章 アルコール症の治療を阻害するもの(7)

本文を読む >>
-->

第1章 アルコール症の治療を阻害するもの(8)

本文を読む >>
-->

第2章 アルコール症の本質(1)

本文を読む >>
-->

第2章 アルコール症の本質(2)

本文を読む >>
-->

第2章 アルコール症の本質(3)

本文を読む >>
-->

第2章 アルコール症の本質(4)

本文を読む >>
-->

第2章 アルコール症の本質(5)

本文を読む >>
-->

第2章 アルコール症の本質(6)

本文を読む >>
-->

第2章 アルコール症の本質(7)

本文を読む >>
-->

第2章 アルコール症の本質(8)

本文を読む >>
-->

第2章 アルコール症の本質(9)

本文を読む >>
-->

第3章 人間関係の障害(1)

本文を読む >>
-->

第3章 人間関係の障害(2)

本文を読む >>
-->

第3章 人間関係の障害(3)

本文を読む >>
-->

第3章 人間関係の障害(4)

本文を読む >>
-->

第3章 人間関係の障害(5)

本文を読む >>
-->

第3章 人間関係の障害(6)

本文を読む >>
-->

第3章 人間関係の障害(7)

本文を読む >>
-->

第3章 人間関係の障害(8)

本文を読む >>
-->

第3章 人間関係の障害(9)

本文を読む >>
-->

第3章 人間関係の障害(10)

本文を読む >>
-->

第3章 人間関係の障害(11)

本文を読む >>
-->

第3章 人間関係の障害(12)

本文を読む >>
-->

第4章 心の障害_1(1)

本文を読む >>
-->

第4章 心の障害_1(2)

本文を読む >>
-->

第4章 心の障害_1(3)

本文を読む >>
-->

第4章 心の障害_1(4)

本文を読む >>
-->

第4章 心の障害_1(5)

本文を読む >>
-->

第4章 心の障害_1(6)

本文を読む >>
-->

第4章 心の障害_1(7)

本文を読む >>
-->

第4章 心の障害_1(8)

本文を読む >>
-->

第4章 心の障害_1(9)

本文を読む >>
-->

第4章 心の障害_1(10)

本文を読む >>
-->

第4章 心の障害_1(11)

本文を読む >>
-->

第4章 心の障害_1(12)

本文を読む >>
-->

第4章 心の障害_1(13)

本文を読む >>
-->

第5章 心の障害_2(1)

本文を読む >>
-->

第5章 心の障害_2(2)

本文を読む >>
-->

第5章 心の障害_2(3)

本文を読む >>
-->

第5章 心の障害_2(4)

本文を読む >>
-->

第5章 心の障害_2(5)

本文を読む >>
-->

第5章 心の障害_2(6)

本文を読む >>
-->

第5章 心の障害_2(7)

本文を読む >>
-->

第6章 アルコール関連社会障害「静かなアルコール症」(1)

本文を読む >>
-->

第6章 アルコール関連社会障害「静かなアルコール症」(2)

本文を読む >>
-->

第6章 アルコール関連社会障害「静かなアルコール症」(3)

本文を読む >>
-->

第6章 アルコール関連社会障害「静かなアルコール症」(4)

本文を読む >>
-->

第6章 アルコール関連社会障害「静かなアルコール症」(5)

本文を読む >>
-->

第6章 アルコール関連社会障害「静かなアルコール症」(6)

本文を読む >>
-->

第6章 アルコール関連社会障害「静かなアルコール症」(7)

本文を読む >>
-->

第6章 アルコール関連社会障害「静かなアルコール症」(8)

本文を読む >>
-->

第6章 アルコール関連社会障害「静かなアルコール症」(9)

本文を読む >>
-->

第6章 アルコール関連社会障害「静かなアルコール症」(10)

本文を読む >>
-->

第6章 アルコール関連社会障害「静かなアルコール症」(11)

本文を読む >>
-->

第6章 アルコール関連社会障害「静かなアルコール症」(12)

本文を読む >>
-->

第6章 アルコール関連社会障害「静かなアルコール症」(13)

本文を読む >>
-->

第7章 アルコール関連生活障害(1)

本文を読む >>
-->

第7章 アルコール関連生活障害(2)

本文を読む >>
-->

第7章 アルコール関連生活障害(3)

本文を読む >>
-->

第7章 アルコール関連生活障害(4)

本文を読む >>
-->

第7章 アルコール関連生活障害(5)

本文を読む >>
-->

第7章 アルコール関連生活障害(6)

本文を読む >>
-->

第7章 アルコール関連生活障害(7)

本文を読む >>
-->

第7章 アルコール関連生活障害(8)

本文を読む >>
-->

第7章 アルコール関連生活障害(9)

本文を読む >>
-->

第7章 アルコール関連生活障害(10)

本文を読む >>
-->

終章 アルコール症の悪循環と自助グループについて(1)

本文を読む >>
-->

終章 アルコール症の悪循環と自助グループについて(2)

本文を読む >>
-->

終章 アルコール症の悪循環と自助グループについて(3)

本文を読む >>
-->

終章 アルコール症の悪循環と自助グループについて(4)

本文を読む >>
-->

終章 アルコール症の悪循環と自助グループについて(5)

本文を読む >>
-->

終章 アルコール症の悪循環と自助グループについて(6)

本文を読む >>
-->

終章 アルコール症の悪循環と自助グループについて(7)

本文を読む >>
-->

終章 アルコール症の悪循環と自助グループについて(8)

本文を読む >>
-->

Q&A:断酒を継続するコツ

本文を読む >>
-->

Q&A:断酒継続の注意事項_1

本文を読む >>
-->

Q&A:断酒継続の注意事項_2

本文を読む >>
-->

Q&A:断酒継続の注意事項_3

本文を読む >>
-->

Q&A:危険な見かけ上の安定

本文を読む >>
-->

Q&A:慢性の禁断症状とは

本文を読む >>
-->

Q&A:断酒後の体の不調

本文を読む >>
-->

Q&A:少しの飲酒なら良いのか

本文を読む >>
-->

Q&A:断酒会やAAへの参加意義

本文を読む >>
-->

Q&A:周囲の評価(信用の回復)

本文を読む >>
-->

Q&A:抗酒剤の働き

本文を読む >>
-->

Q&A:抗酒剤の服用_1

本文を読む >>
-->

Q&A:抗酒剤の服用_2

本文を読む >>
-->

Q&A:抗酒剤の服用_3

本文を読む >>
-->

Q&A:抗酒剤についてのまとめ

本文を読む >>
-->

Q&A:治療への心構え

本文を読む >>
-->

Q&A:中毒と依存症の違い

本文を読む >>
-->

Q&A:医師から繰り返し質問される理由

本文を読む >>
-->

Q&A:「苦手」を克服する方法

本文を読む >>
-->

Q&A:体験談を語るコツ

本文を読む >>
-->

Q&A:自助グループの意味

本文を読む >>
-->

Q&A:体験談を繰り返す意味

本文を読む >>
-->

Q&A:空白な時間を耐える方法

本文を読む >>
-->

Q&A:肝臓障害と肝硬変症について

本文を読む >>
-->

新連載スタート!  院長からのメッセージ  1

本文を読む >>
-->

院長からのメッセージ2

本文を読む >>
-->

院長からのメッセージ3

本文を読む >>
-->

院長からのメッセージ4

本文を読む >>
-->

院長からのメッセージ 5

本文を読む >>
-->

院長からのメッセージ 9

本文を読む >>
-->

院長からのメッセージ 10

本文を読む >>
-->

院長からのメッセージ 11

本文を読む >>
-->

院長からのメッセージ 24

本文を読む >>
-->

院長からのメッセージ 30

本文を読む >>
-->

より良い関係づくりのエッセンス 1

本文を読む >>
-->

より良い関係づくりのエッセンス 2

本文を読む >>
-->
1 | 2 | 3 | ... | 6

重要なお知らせ

お知らせ

RSS

無料メール講座のご案内

宋クリニックで販売しているアルコール依存症テキストと同じ内容が毎日メールで届きます。アルコール依存症患者ご本人だけでなく、ご家族にもお読みいただきたい内容です。

▼お名前(姓)

▼お名前(名)

▼Eメール

▼都道府県

▼性別
男性
女性

龍啓
宋神経科クリニック

650-0022  兵庫県 神戸市 中央区元町通3-3-4

TEL078-333-9281

FAX078-333-9282

※初めてご来院の際は事前にお電話いただけますようお願い申し上げます。