第3章 人間関係の障害(9)

●人間関係の障害:形だけの人間関係

アルコール症者は、これまでお話してきましたように、日常生活の中で接触するすべての人々、つまり人間にとって一番大切な人々の間で、意思の弱いだめな人間として決め付けられ、孤立していきます。

?

“誰からも信頼されないということは、人間にとって耐えられない状況でしょう。”

?

その孤独感や、受け入れてくれない周囲の人々に対する不平や不満が、さらにアルコールにのめり込む原因となり、アルコール症に拍車が掛かるわけです。

このようにして、アルコール症が進行するのに比例して、その人の人間関係の内容は失われていきます。

?

よく、自分にはまだ仕事も家庭もあるからアルコールの問題はない、と考えているアルコール症者がいますが、その仕事や家庭が残っていたとしても、肝心の中身がなくなっていることが多いわけです。

このように形だけの職場、形だけの夫婦、形だけの親子、形だけの交友関係になっていくのが、この病気の特徴です。

?

こうして、人間関係の中身が崩壊して、形だけのものとなり、最後には何かのきっかけで

その形さえも失うこともあります。

重要なお知らせ

第3日曜日(合同例会断酒表彰)変更について

●人間関係の障害:形だけの人間関係
アルコール症者は、これまでお話してきましたように、日常生活の中で接触するすべての人々、つまり人間にとって一番大切な人々の間で、意思の弱いだめな人間として決め付けられ、孤立していきます。
?
“誰からも信頼されないということは、人間にとって耐えられない状況でしょう。”
?
その孤独感や、受け入れてくれない周囲の人々に対する不平や不満が、さらにアルコールにのめり込む原因となり、アルコール症に拍車が掛かるわけです。
このようにして、アルコール症が進行するのに比例して、その人の人間関係の内容は失われていきます。
?
よく、自分にはまだ仕事も家庭もあるからアルコールの問題はない、と考えているアルコール症者がいますが、その仕事や家庭が残っていたとしても、肝心の中身がなくなっていることが多いわけです。
このように形だけの職場、形だけの夫婦、形だけの親子、形だけの交友関係になっていくのが、この病気の特徴です。
?
こうして、人間関係の中身が崩壊して、形だけのものとなり、最後には何かのきっかけで
その形さえも失うこともあります。