第3章 人間関係の障害(11)

●人間関係の障害:生活能力の喪失

信頼関係の崩壊のあと、アルコール症者は長年の飲酒生活の中で、生活者としての能力を失っていきます。

?

アルコール関連生活障害についての詳しい説明は他章にゆずりますが、“肝心な場面で飲んでしまうのがアルコール症者の特徴だ”ということについて少し触れてみたいと思います。

?

一般の人々は、普段酒を飲んでいても、危機に際しては飲酒を止め、その危機場面を乗り越えようとするものです。

しかし、アルコール症者の場合は全く逆のことがあります。

?

アルコール症者の場合、自らの飲酒を反省し断酒生活を続けていても、いろいろな危機に直面した時に、再飲酒することが多いのです。

このように、肝腎な時に飲んでしまう人に対して非難が集まり、さらにその評価を低下させてしまいます。

?

私の夫は、いつも肝腎な時に飲んで逃げてしまう。あの人は頼りにならない人です。

?

このように決め付けているアルコール症者の妻が、夫の役割を認めなくなるのは当然のことでしょう。

?

このようにして、アルコール症者は、肝心な時に役に立たない人として、その役割を失ってしまうことが多いわけです。

重要なお知らせ

第3日曜日(合同例会断酒表彰)変更について

●人間関係の障害:生活能力の喪失
信頼関係の崩壊のあと、アルコール症者は長年の飲酒生活の中で、生活者としての能力を失っていきます。
?
アルコール関連生活障害についての詳しい説明は他章にゆずりますが、“肝心な場面で飲んでしまうのがアルコール症者の特徴だ”ということについて少し触れてみたいと思います。
?
一般の人々は、普段酒を飲んでいても、危機に際しては飲酒を止め、その危機場面を乗り越えようとするものです。
しかし、アルコール症者の場合は全く逆のことがあります。
?
アルコール症者の場合、自らの飲酒を反省し断酒生活を続けていても、いろいろな危機に直面した時に、再飲酒することが多いのです。
このように、肝腎な時に飲んでしまう人に対して非難が集まり、さらにその評価を低下させてしまいます。
?
私の夫は、いつも肝腎な時に飲んで逃げてしまう。あの人は頼りにならない人です。
?
このように決め付けているアルコール症者の妻が、夫の役割を認めなくなるのは当然のことでしょう。
?
このようにして、アルコール症者は、肝心な時に役に立たない人として、その役割を失ってしまうことが多いわけです。