第3章 人間関係の障害(12)

●人間関係の障害:原因と結果の逆転

これまでお話してきましたように、アルコール症者は、自分にとっても最も大切な人々の間で、ますます孤立してしまい、誰からも受け入れられない状況になってしまいます。

?

このような人間関係の崩壊が進行するにつれ、アルコール症者はますますアルコールに傾斜していき、アルコールへの依存をさらに高めます。

?

そして、その飲酒行動が、また人間関係の崩壊を促進させるといった悪循環を形成することになるのです。

?

このような悪循環が形成されると、アルコール症者の中で、原因と結果の逆転が起こっていることがあります。

?

本来は、飲酒生活の結果として、人間関係が障害されるのですが、逆に家族が信頼しないから飲んでしまうとか、職場で受け入れられないからのんでしまう、と考えているアルコール症者が多いのです。

?

アルコール症者の人間関係の障害を考察する時、自らの飲酒生活がどのようにして自分にとって大切な人々との関係を崩壊させていったのかを整理してみる必要があります。

?

“そのためにも、常に体験談を語り続けることが大切なわけです。”

重要なお知らせ

第3日曜日(合同例会断酒表彰)変更について

●人間関係の障害:原因と結果の逆転
これまでお話してきましたように、アルコール症者は、自分にとっても最も大切な人々の間で、ますます孤立してしまい、誰からも受け入れられない状況になってしまいます。
?
このような人間関係の崩壊が進行するにつれ、アルコール症者はますますアルコールに傾斜していき、アルコールへの依存をさらに高めます。
?
そして、その飲酒行動が、また人間関係の崩壊を促進させるといった悪循環を形成することになるのです。
?
このような悪循環が形成されると、アルコール症者の中で、原因と結果の逆転が起こっていることがあります。
?
本来は、飲酒生活の結果として、人間関係が障害されるのですが、逆に家族が信頼しないから飲んでしまうとか、職場で受け入れられないからのんでしまう、と考えているアルコール症者が多いのです。
?
アルコール症者の人間関係の障害を考察する時、自らの飲酒生活がどのようにして自分にとって大切な人々との関係を崩壊させていったのかを整理してみる必要があります。
?
“そのためにも、常に体験談を語り続けることが大切なわけです。”