第4章 心の障害_1(7)

●心の障害_1:自己防衛

これまでお話したように、アルコール症が進行する中で、飲酒→問題の表面化→自責感・後悔→再飲酒→問題の拡大→自責感・後悔の念は更に深くなる、といった堂々巡りが果てしなく続きます。

アルコール症者は、この自責感と後悔の中で、ついにはうつ状態になる人も多いのです。

そして、自分を生きる資格のない人間と考え、死んでしまいたいとさえ考えてしまうのです。本当に自殺未遂や自殺してしまった人も多くいます。

飲酒を続けている限り、アルコール症者には本当の解決方法は全くないわけです。

そして、ますます酒にだらしない自らを責めることになるのです。

人間の心が、もしも自分を責める方向にしか動かないとしたなら、全部のアルコール症者が節酒や禁酒などの解決方法が取れなかったのですから、その悪循環の中で自殺するしか手はなかったはずです。

しかし、人間には自分を守るという本能があり、これが自己防衛といわれるものです。

それでは、この自己防衛の手段について触れてみましょう。

アルコール症者は、前述のような苦しい状況の中で生きているわけです。そして、長い年月が経過します。

その間、この人は飲み続けていました。当然、様々な問題は解決するはずはなく、最終的には健康も信用も失っていき、問題は山積になってしまいます。

そして、周囲の人々から意思の弱いだめな人間と非難され、誰からも受け入れられない日々を過ごします。

このような悲惨な状況の中で、アルコール症者は周囲の人々には全く理解の出来ない、本人だけのもう一つの解決方法を見つけてしまいます。

?

次回はこの「もう一つの解決方法」についてお話させていただきます。

重要なお知らせ

第3日曜日(合同例会断酒表彰)変更について

●心の障害_1:自己防衛
これまでお話したように、アルコール症が進行する中で、飲酒→問題の表面化→自責感・後悔→再飲酒→問題の拡大→自責感・後悔の念は更に深くなる、といった堂々巡りが果てしなく続きます。

アルコール症者は、この自責感と後悔の中で、ついにはうつ状態になる人も多いのです。

そして、自分を生きる資格のない人間と考え、死んでしまいたいとさえ考えてしまうのです。本当に自殺未遂や自殺してしまった人も多くいます。

飲酒を続けている限り、アルコール症者には本当の解決方法は全くないわけです。
そして、ますます酒にだらしない自らを責めることになるのです。

人間の心が、もしも自分を責める方向にしか動かないとしたなら、全部のアルコール症者が節酒や禁酒などの解決方法が取れなかったのですから、その悪循環の中で自殺するしか手はなかったはずです。
しかし、人間には自分を守るという本能があり、これが自己防衛といわれるものです。

それでは、この自己防衛の手段について触れてみましょう。

アルコール症者は、前述のような苦しい状況の中で生きているわけです。そして、長い年月が経過します。
その間、この人は飲み続けていました。当然、様々な問題は解決するはずはなく、最終的には健康も信用も失っていき、問題は山積になってしまいます。

そして、周囲の人々から意思の弱いだめな人間と非難され、誰からも受け入れられない日々を過ごします。
このような悲惨な状況の中で、アルコール症者は周囲の人々には全く理解の出来ない、本人だけのもう一つの解決方法を見つけてしまいます。
?
次回はこの「もう一つの解決方法」についてお話させていただきます。