第5章 心の障害_2(2)

●心の障害_2:問題行動の繰り返し

前回お話ししましたように、現実と反対の自己のイメージがなければ、そもそも自己嫌悪や悩みは存在しません。

最初から自分のことを人前で醜態を見せても当然な人間であり、家族を傷つけても当然な人間であり、さらに、仕事の約束を守れなくても、それが自分の本性であると自己認識している人間であれば、何も自己嫌悪や悩みにさいなまれる必要など全くないわけです。

このように考えていくと、自己嫌悪とは自分が現実にしてしまった言動から目をそらす絶好の武器になっているわけです。

前回お話した例をもう一度考えてみると、飲み過ぎて人前で醜態をさらしたことも、飲んで家族を傷つけるような言動をしたことも、深酒のために仕事の約束を守れなかったことも、全て、あれはたまたま起こった出来事であり自分の本当の姿ではなかったと自己防衛が出来るわけです。

そして、このような自己嫌悪を利用することによって、アルコール症者は自分の現実を直視するといった辛い作業から免れ、自分のイメージに逃げ込むことが可能となります。

当然、その自己のイメージは現実の姿と全く逆であることは言うまでもありません。

このようにして、アルコール症者は現実の自分の姿を直視することなく、全く逆のイメージを創り出してしまいます。

そして、このイメージから見た現実のだらしない姿に対して、アルコール症者は自己嫌悪と言う手段でごまかし続けているわけです。

ですから、このような自己嫌悪は、本当に現実を直視した上での反省ではありません。

?

このようにして、アルコール症者は現実を現実として引き受けることを無意識のうちに拒否し、その現実がいかに悲惨であっても、自分がやった行為であると認めていないわけですから、また同じように飲酒上の問題行動を性懲りもなく繰り返すわけです。

重要なお知らせ

第3日曜日(合同例会断酒表彰)変更について

●心の障害_2:問題行動の繰り返し
前回お話ししましたように、現実と反対の自己のイメージがなければ、そもそも自己嫌悪や悩みは存在しません。
最初から自分のことを人前で醜態を見せても当然な人間であり、家族を傷つけても当然な人間であり、さらに、仕事の約束を守れなくても、それが自分の本性であると自己認識している人間であれば、何も自己嫌悪や悩みにさいなまれる必要など全くないわけです。
このように考えていくと、自己嫌悪とは自分が現実にしてしまった言動から目をそらす絶好の武器になっているわけです。

前回お話した例をもう一度考えてみると、飲み過ぎて人前で醜態をさらしたことも、飲んで家族を傷つけるような言動をしたことも、深酒のために仕事の約束を守れなかったことも、全て、あれはたまたま起こった出来事であり自分の本当の姿ではなかったと自己防衛が出来るわけです。

そして、このような自己嫌悪を利用することによって、アルコール症者は自分の現実を直視するといった辛い作業から免れ、自分のイメージに逃げ込むことが可能となります。
当然、その自己のイメージは現実の姿と全く逆であることは言うまでもありません。

このようにして、アルコール症者は現実の自分の姿を直視することなく、全く逆のイメージを創り出してしまいます。
そして、このイメージから見た現実のだらしない姿に対して、アルコール症者は自己嫌悪と言う手段でごまかし続けているわけです。
ですから、このような自己嫌悪は、本当に現実を直視した上での反省ではありません。
?
このようにして、アルコール症者は現実を現実として引き受けることを無意識のうちに拒否し、その現実がいかに悲惨であっても、自分がやった行為であると認めていないわけですから、また同じように飲酒上の問題行動を性懲りもなく繰り返すわけです。