第7章 アルコール関連生活障害(7)

●生活障害:自己中心的な人間

自分をとり巻くすべての自然現象、すべての社会現象が全部、自分の都合のよいようになれば、うまくやれるし酒も飲まないのに……。

アルコール症の人々は、このように考えていることが実に多いのです。

すべてが自分の都合のよいようになれば……。

このような態度を自己中心的な態度といいます。

つまり、他罰的な態度はまさに自己中心的な態度と裏表を成しているわけです。

くどいようですが、もう一度先の例を挙げて自己中心的な態度で物事を解決してみましょう。

就職が一度で決まれば、店員はすべて愛想がよければ、役所の係員がすべて親切であれば、電車がいつも遅れなければ、いつも晴れであれば、女房がやさしかったら、子供はいつも自分の思い通りになれば、いつも自分の意見が通れば、すべてうまくいくのに……。

なるほどこのようになれば物事は解決し、断酒もできるでしょう。

しかし、こんなことはどう考えてみても不可能なことです。

このように最初から不可能なことを、アルコール症者は心のどこかで願っていたのです。

しかし、このような奇跡は今までただの一度も起こらなかったはずですし、これからも起こるはずはありません。

なぜ、このように自己中心的な人間になってしまったのでしょうか。

これも、長い間の飲酒生活にその原因の一つがありそうです。

長年の飲酒生活の中で、物事にうまく対応しようとする努力をしてこなかった結果、人の世で生きていくために必要ないろいろな経験が身につかなかったからではないでしょうか。

目には見えない世の中のいろいろな規則や原理を知り、すべて自分の思い通りにはならないのだというあたりまえの知恵さえ、飲酒生活の中で失ってしまったわけです。

人の世の中で円満に生きていくために必要である生活能力がなくなると、いつも、乗り越えるべきストレスにつまずき飲酒してしまいます。

また、危機に際して飲んでしまうことにより、周囲の人々の信用を失い人間関係の障害が生じます。

このようにして、信用がなくなるとそのことに対する腹立ちやさびしさのウサをはらすためにまた酒を求めてしまうのです。

重要なお知らせ

第3日曜日(合同例会断酒表彰)変更について

●生活障害:自己中心的な人間
自分をとり巻くすべての自然現象、すべての社会現象が全部、自分の都合のよいようになれば、うまくやれるし酒も飲まないのに……。
アルコール症の人々は、このように考えていることが実に多いのです。
すべてが自分の都合のよいようになれば……。
このような態度を自己中心的な態度といいます。
つまり、他罰的な態度はまさに自己中心的な態度と裏表を成しているわけです。
くどいようですが、もう一度先の例を挙げて自己中心的な態度で物事を解決してみましょう。
就職が一度で決まれば、店員はすべて愛想がよければ、役所の係員がすべて親切であれば、電車がいつも遅れなければ、いつも晴れであれば、女房がやさしかったら、子供はいつも自分の思い通りになれば、いつも自分の意見が通れば、すべてうまくいくのに……。
なるほどこのようになれば物事は解決し、断酒もできるでしょう。
しかし、こんなことはどう考えてみても不可能なことです。
このように最初から不可能なことを、アルコール症者は心のどこかで願っていたのです。
しかし、このような奇跡は今までただの一度も起こらなかったはずですし、これからも起こるはずはありません。
なぜ、このように自己中心的な人間になってしまったのでしょうか。
これも、長い間の飲酒生活にその原因の一つがありそうです。
長年の飲酒生活の中で、物事にうまく対応しようとする努力をしてこなかった結果、人の世で生きていくために必要ないろいろな経験が身につかなかったからではないでしょうか。
目には見えない世の中のいろいろな規則や原理を知り、すべて自分の思い通りにはならないのだというあたりまえの知恵さえ、飲酒生活の中で失ってしまったわけです。
人の世の中で円満に生きていくために必要である生活能力がなくなると、いつも、乗り越えるべきストレスにつまずき飲酒してしまいます。
また、危機に際して飲んでしまうことにより、周囲の人々の信用を失い人間関係の障害が生じます。
このようにして、信用がなくなるとそのことに対する腹立ちやさびしさのウサをはらすためにまた酒を求めてしまうのです。