断酒会やAAをなぜ自助グループと呼ぶのですか。また自助グループとはどういう意味のものでしょうか?

アルコールは治療に終点のない慢性の病気です。糖尿病や高血圧症と同じく、一生治療を続けなければならないのです。糖尿病や高血圧症が、血糖値や血圧を一生コントロールしていかねばならない病気であるとしたら、アルコール依存症の唯一の治療法も、一生にわたって完全に断酒を続ける以外にないわけです。アルコール依存症の治療の目的は、決して「以前と同じようにうまく飲める状態に治す」といったものではありません。

この病気になった限り、もう節酒はできない体になってしまっているのです。

そこで、一生断酒という治療を続けなければならないのですが、だからと言って一生医療機関に通院するわけにはいきません。

この病気は自ら治療を続けていかねばならないのです。そこで断酒会やAAという「自らを助け合う治療グループ」が必要なのです。

自助グループの意味はここにあります。自ら酒に負けてしまった自分を素直に認め、過去の人生全てにわたるアルコールの害を常に見つめ続け、その中から自分はなぜ酒をやめなければならない人間なのか、日々確認しなければ断酒は不可能です。

そしてこの確認をし、断酒の決意を日々新たにしていくための場が断酒会やAAなどの自助グループです。

病気の治療の第一歩は、自らがその病気にかかってしまっているという事実を認めることから始まります。人間は、他の病気なら割合簡単に認めるものですが、アルコール依存症に関してはさまざまな誤解と偏見があるためになかなか認めにくい病気です。また、一度認めたとしても、しばらく断酒が続くとすぐに病気であると忘れてしまいがちです。

自分がアルコール依存症であると認め続けるためにも、医療機関での治療と同時に断酒会やAAなどの自助グループへの参加が必要です。

[付 断酒会やAAなどの意味についてはここでは詳しくは触れませんが、そのつど説明していくつもりです。また私の地域断酒会にての講演記録はほとんどが自助グループについての考察ですので、ぜひ参考にして下さい。]

重要なお知らせ

第3日曜日(合同例会断酒表彰)変更について

アルコールは治療に終点のない慢性の病気です。糖尿病や高血圧症と同じく、一生治療を続けなければならないのです。糖尿病や高血圧症が、血糖値や血圧を一生コントロールしていかねばならない病気であるとしたら、アルコール依存症の唯一の治療法も、一生にわたって完全に断酒を続ける以外にないわけです。アルコール依存症の治療の目的は、決して「以前と同じようにうまく飲める状態に治す」といったものではありません。
この病気になった限り、もう節酒はできない体になってしまっているのです。
そこで、一生断酒という治療を続けなければならないのですが、だからと言って一生医療機関に通院するわけにはいきません。
この病気は自ら治療を続けていかねばならないのです。そこで断酒会やAAという「自らを助け合う治療グループ」が必要なのです。
自助グループの意味はここにあります。自ら酒に負けてしまった自分を素直に認め、過去の人生全てにわたるアルコールの害を常に見つめ続け、その中から自分はなぜ酒をやめなければならない人間なのか、日々確認しなければ断酒は不可能です。
そしてこの確認をし、断酒の決意を日々新たにしていくための場が断酒会やAAなどの自助グループです。
病気の治療の第一歩は、自らがその病気にかかってしまっているという事実を認めることから始まります。人間は、他の病気なら割合簡単に認めるものですが、アルコール依存症に関してはさまざまな誤解と偏見があるためになかなか認めにくい病気です。また、一度認めたとしても、しばらく断酒が続くとすぐに病気であると忘れてしまいがちです。
自分がアルコール依存症であると認め続けるためにも、医療機関での治療と同時に断酒会やAAなどの自助グループへの参加が必要です。
[付 断酒会やAAなどの意味についてはここでは詳しくは触れませんが、そのつど説明していくつもりです。また私の地域断酒会にての講演記録はほとんどが自助グループについての考察ですので、ぜひ参考にして下さい。]