アルコール症の本質「飲み方の異常」(1)

アルコール症からの回復の第一歩は、
酒に身も心も奪われていた
自分の姿を認めることから始まります。

飲酒行動を自らの力で
コントロールできない状態になってしまった事実を認めることから、
アルコール症の治療がスタートするのですが、
世間一般に広がっているアル中のイメージが強すぎるため、
どうしてもこの第一歩を踏み出せない人々が多くいるのです。

それでは、世間で一般に考えられているアル中のイメージとは、
どのようなものでしょうか。

以下にその代表的なイメージを述べてみましょう。

(イ)酒を飲んで暴力をふるう人々
(ロ)昼間から仕事もしないで、酔いつぶれて道端で寝ている人々
(ハ)酒ばかり飲んで仕事も家庭も失った人々
(ニ)幻覚症状などの精神病症状が出現して、精神病院に閉じ込められている人々
(ホ)酔った後、反社会的、反道徳的な行動をしてしまい警察沙汰になる人々
(ヘ)酔いがさめた後、自分が何をしたか覚えていない人々(いわゆるブラックアウト)

その他にもいろいろなアル中のイメージがありますが、
これらのイメージは全て酔い方の異常であったり、
酩酊後の問題行動であったり、
また飲酒生活の果てにいろいろなものを失ってしまった
人生の落伍者の姿であったりします。

しかし、これらのイメージは
アルコール症のごく一部分しか伝えていません。

これらのものはアルコール症の本質ではなくて、
アルコール症になった人々のごく一部の人々が
たどる結果に過ぎないのです。

このようなアル中のイメージこそが、
多くのアルコール症者に正しい治療を受けるきっかけを
失わせていると言ってもよいでしょう。

アルコール症の人々は、
よく次のようなことを言って治療から脱落していきます。

自分は、
飲んでも暴力をふるったり、暴言をはいたりしたことはない。

自分は、
飲んでもちゃんと仕事をしているし家庭もあり、
仕事も家庭も失って、
昼間から酒を飲んでひっくり返っているアル中とは違う。

自分は、
幻覚や妄想状態になったことはない。

このように言って、
多くの人々が自己のアルコール症を認めないままに、
また病的な飲酒習慣にかえっていきます。

すなわち、
このアル中のイメージは、
酒にとらわれている自己の姿を否定する材料にも
利用されているわけです。

たとえ、いわゆるアル中のイメージ通りの
問題行動をしている人々でも、
「あれは、たまたま飲み過ぎてあんなことをしてしまっただけだ。」
「あれは特別のことで、いつもあんなことをしているわけではない。」
とばかりに、問題行動からも目をそらしてしまうのです。

どちらにしても、
酔い方の異常や問題行動からは、なかなかアルコール症の治療には入れません。

ここで少し目先を変えて、
飲み方の異常という面から
アルコール症について考えてみましょう。

続く 次回は6月8日(木)に公開します。

重要なお知らせ

第3日曜日(合同例会断酒表彰)変更について

アルコール症からの回復の第一歩は、
酒に身も心も奪われていた
自分の姿を認めることから始まります。
飲酒行動を自らの力で
コントロールできない状態になってしまった事実を認めることから、
アルコール症の治療がスタートするのですが、
世間一般に広がっているアル中のイメージが強すぎるため、
どうしてもこの第一歩を踏み出せない人々が多くいるのです。
それでは、世間で一般に考えられているアル中のイメージとは、
どのようなものでしょうか。

以下にその代表的なイメージを述べてみましょう。
(イ)酒を飲んで暴力をふるう人々
(ロ)昼間から仕事もしないで、酔いつぶれて道端で寝ている人々
(ハ)酒ばかり飲んで仕事も家庭も失った人々
(ニ)幻覚症状などの精神病症状が出現して、精神病院に閉じ込められている人々
(ホ)酔った後、反社会的、反道徳的な行動をしてしまい警察沙汰になる人々
(ヘ)酔いがさめた後、自分が何をしたか覚えていない人々(いわゆるブラックアウト)
その他にもいろいろなアル中のイメージがありますが、
これらのイメージは全て酔い方の異常であったり、
酩酊後の問題行動であったり、
また飲酒生活の果てにいろいろなものを失ってしまった
人生の落伍者の姿であったりします。
しかし、これらのイメージは
アルコール症のごく一部分しか伝えていません。
これらのものはアルコール症の本質ではなくて、
アルコール症になった人々のごく一部の人々が
たどる結果に過ぎないのです。
このようなアル中のイメージこそが、
多くのアルコール症者に正しい治療を受けるきっかけを
失わせていると言ってもよいでしょう。
アルコール症の人々は、
よく次のようなことを言って治療から脱落していきます。
自分は、
飲んでも暴力をふるったり、暴言をはいたりしたことはない。
自分は、
飲んでもちゃんと仕事をしているし家庭もあり、
仕事も家庭も失って、
昼間から酒を飲んでひっくり返っているアル中とは違う。
自分は、
幻覚や妄想状態になったことはない。
このように言って、
多くの人々が自己のアルコール症を認めないままに、
また病的な飲酒習慣にかえっていきます。
すなわち、
このアル中のイメージは、
酒にとらわれている自己の姿を否定する材料にも
利用されているわけです。
たとえ、いわゆるアル中のイメージ通りの
問題行動をしている人々でも、
「あれは、たまたま飲み過ぎてあんなことをしてしまっただけだ。」
「あれは特別のことで、いつもあんなことをしているわけではない。」
とばかりに、問題行動からも目をそらしてしまうのです。
どちらにしても、
酔い方の異常や問題行動からは、なかなかアルコール症の治療には入れません。
ここで少し目先を変えて、
飲み方の異常という面から
アルコール症について考えてみましょう。
続く 次回は6月8日(木)に公開します。