院長からのメッセージ 5

自分を守るためのごまかし

一番苦しかったこと

 人間の心の中には、プラスの感情とマイナスの感情が常に同居しています。プラスの感情とは、信頼されている喜び、他人に理解される喜びなど、幸福や心の安定につながる種類のものです。

 それに対してマイナスの感情には、主として次のようなものがあります。自分のことが周囲に受け入れてもらえないという不平・不満や嫉妬心。自分を受け入れようとしない人々や状況に対する、攻撃や他罰的な感情。こうした感情は、不幸感や心の不安定につながる種類のものです。

 アルコール依存症が進行していくと、家族に非難されることが増えたり、職場でうまくいかなくなるなど、人間関係がだんだん崩壊していきます。周囲の信頼が得られなくなり、形だけは家庭や仕事を保っていたとしても、中身が失われていきます。

「ちょっとした夫婦喧嘩で離婚されてしまった」という人がいますが、それは喧嘩が原因なのではなく、長年の間に積もった不信感や夫婦関係の崩壊があったはずです。

 こうして依存症者は、だんだんと誰からも受け入れられない状態になってしまいます。

 誰からも受け入れられない状況ほど、人の心を深く傷つけるものはありません。

重要なお知らせ

第3日曜日(合同例会断酒表彰)変更について

自分を守るためのごまかし

一番苦しかったこと

 人間の心の中には、プラスの感情とマイナスの感情が常に同居しています。プラスの感情とは、信頼されている喜び、他人に理解される喜びなど、幸福や心の安定につながる種類のものです。
 それに対してマイナスの感情には、主として次のようなものがあります。自分のことが周囲に受け入れてもらえないという不平・不満や嫉妬心。自分を受け入れようとしない人々や状況に対する、攻撃や他罰的な感情。こうした感情は、不幸感や心の不安定につながる種類のものです。
 アルコール依存症が進行していくと、家族に非難されることが増えたり、職場でうまくいかなくなるなど、人間関係がだんだん崩壊していきます。周囲の信頼が得られなくなり、形だけは家庭や仕事を保っていたとしても、中身が失われていきます。
「ちょっとした夫婦喧嘩で離婚されてしまった」という人がいますが、それは喧嘩が原因なのではなく、長年の間に積もった不信感や夫婦関係の崩壊があったはずです。
 こうして依存症者は、だんだんと誰からも受け入れられない状態になってしまいます。
 誰からも受け入れられない状況ほど、人の心を深く傷つけるものはありません。