院長からのメッセージ 19

妥当でないプログラム

 認知とはなんでしょう。

 これは「何かの刺激に対して、ある反応をするプログラム」のようなもの。

 たとえば、大声で怒鳴られたとします。この刺激を解釈して(ひどいじゃないか)となれば、たちまち怒りの感情がわいて怒鳴り返すかもしれません。あるいは同じ刺激を(こわいことが起きた)と解釈して、首をすくめて縮こまるかもしれません。

 ただし、カッコ内の部分はほとんど一瞬にして通り過ぎて、怒りや恐怖などによる反応がたちまち起こるのです。だからこれは、自分では意識しないぐらいの自動的なプログラムと言ってもよいでしょう。

 このプログラムは、私たちが生きてきた体験の中で少しずつ作り上げてきたもの。その内容は人によってそれぞれ違いますが、おおかたはそこそこ似通っているので、社会が成り立つわけです。

 けれど中には、妥当ではないプログラムを持っている人がいます。たとえば、相手が自分の期待するような行動をしなかっただけで烈火のごとく怒り出す(あるいは、ガックリと沈みこむ)…というのは、生きていく上で何かと不都合を生じます。

 これもいわば、部分的な拒絶を、全面的な拒絶であるかのように拡大解釈してしまうためです。

重要なお知らせ

第3日曜日(合同例会断酒表彰)変更について

妥当でないプログラム
 認知とはなんでしょう。
 これは「何かの刺激に対して、ある反応をするプログラム」のようなもの。
 たとえば、大声で怒鳴られたとします。この刺激を解釈して(ひどいじゃないか)となれば、たちまち怒りの感情がわいて怒鳴り返すかもしれません。あるいは同じ刺激を(こわいことが起きた)と解釈して、首をすくめて縮こまるかもしれません。
 ただし、カッコ内の部分はほとんど一瞬にして通り過ぎて、怒りや恐怖などによる反応がたちまち起こるのです。だからこれは、自分では意識しないぐらいの自動的なプログラムと言ってもよいでしょう。
 このプログラムは、私たちが生きてきた体験の中で少しずつ作り上げてきたもの。その内容は人によってそれぞれ違いますが、おおかたはそこそこ似通っているので、社会が成り立つわけです。
 けれど中には、妥当ではないプログラムを持っている人がいます。たとえば、相手が自分の期待するような行動をしなかっただけで烈火のごとく怒り出す(あるいは、ガックリと沈みこむ)…というのは、生きていく上で何かと不都合を生じます。
 これもいわば、部分的な拒絶を、全面的な拒絶であるかのように拡大解釈してしまうためです。