アルコール依存症の治療プログラム

*****

教育系プログラム(初診者コースは除く)

・回復スキルアップ講座(60分)

 生活や人生に素面で向き合っていくということは、決して楽な道のりばかりではなく、様々な困難が目の前に現れてくるものです。そういった困難に対して、向き合い対応していくスタミナをつけていくことを目指したプログラム構成になっています。

断酒後間もない方々にとっては、今後の道標となり、断酒を継続されている方々にとっては、その時々に応じた自分なりの壁を確認しながら、様々な角度から見据え、対応策を考える時間です。

ライフセミナー(60分)

  正しい知識や情報は、回復を促す道標と言えます。現在通院中の方はアルコール
 依存症の方が大半を占めますが、病気とは言えないが家族関係や人間関係に苦しんで

 いる方々もおられます。皆様のほぼ共通した特徴として、自分を大切にできない、自

らを生きるのが苦手といった傾向があります。このような全ての方々に共通して聴いていただける内容のソーシャルワーカー講義です。
 家族プログラムの中にも組み込まれていますので、参加者の半数は家族の立場の
方々です。この講義では、参加者が患者・家族の区別なく、ともに当事者として自
分の生き方について日々を振り返れるような時間です。

月曜教室(60分)
   アルコール症について、教育ビデオと相談員から基本的な内容(回復プロセス・

再発再飲酒・否認・治療の3本柱など)にポイントを絞っての講義や、グループ

ミーティングで分かち合ったりと、様々な方法で運営します。アルコール症につ

いての正しい知識を吸収し、日々の断酒生活にも役立てていただきながら、参加

者の方々がご自身の回復を実感していただけるような時間です。

月替わり講座(60分)

アルコール症を中心に、「教育・洞察」の柱に沿って、様々な方法で相談員が運営

 します。これまでの例:書籍「酒のない人生を始める方法」に沿ったワークでの自己

洞察、自分関係・他者との人間関係に焦点を当てたワーク、回復に焦点をあてた講義、

心の風景と題した即興劇、SSTなど。

認知療法講座(60分)
 認知の偏りについて知り、実際の生活体験と結びつけて捉え、現在の生活に役立てていくにはどうすればいいかについて考える時間です。  

菱本医師QA60分)

  アルコール症からの回復の段階によって直面する課題は様々ですが、身体症状については断酒当初から直面化し、場合によっては生活習慣病として一生付き合っていかなければならない状況にまで深刻化しています。例えば、糖尿病、高血圧、腰痛、膵炎、胃潰瘍、大腿骨骨頭壊死・・・。この時間はこうした酒害であろう疾病に関わらず、内科疾病やちょっと気なる日常の体の不調や薬のこと、睡眠や記憶についてなど、幅広い設定で、参加者の方々から質問をお受けし、それに医師が回答するという形式で進めていきます。他の参加者の方々の質問とそれに対する回答を聞くことは、自分自身に置き換えて考えることで予習や復習になります。安心して専門治療に取り組み、円滑な断酒生活を送るために多くのヒントを得られる時間です。

上田SW・土曜セミナー(60分)

正しい知識や情報は、回復を促す道標と言えます。この時間は、依存症からの回復について、考え方や生き方について、また自分らしさについてなどの視点を中心にした内容のソーシャルワーカー講義です。

相談員アルコール症講座(60分)
 アルコール症について、「あんな時、こんな時、どうする?!」と題して、テーマ設定し、前半の時間は相談員が講義を実施。後半の時間は参加者を小グループに分けテーマミーティングを実施。最後に瞑想の時間をもつ。という形式で、この時間の中で、回復の3本柱「教育・洞察・リラクゼーション」を体験していただくプログラムです。
                          ***

自己洞察系プログラム(初診者コースは除く)

女性ミーティング(A・B):女性のみ(50分)
 女性のアルコール症者は、社会の偏見はもちろん家庭の中でも多くの重荷を背負っています。依存症に至るまでの道のりやその背景には、女性であるがゆえの生きづらさを伴っていることが多々見受けられます。そのような体験を素直に語り合うことが出来る女性だけのグループミーティングの場です。テーマを設定し、相談員が進行役を務めます。

シルバーグループ(50分)

過去の飲酒生活を振り返るとともに、同じ世代を生きてきた者同士が改めて時代

を振り返りながら、さまざまな角度で洞察に取り組みます。今ほど物があふれていない時代、目まぐるしく物や経済が発展した時代、仕事や人間関係での厳しさなど、アルコール依存症という病を通して仲間とともに分かち合います。相談員が進行役を務めます。

サタデーミーティング(80分)
 就労を継続しながら、土曜日のみの通院で治療を継続されている方々を対象にしたグループです。アルコール症への理解が得られにくい一般社会や職場で断酒継続に取り組むことの難しさを分かち合ったり、社会人としての成長や断酒動機の確認、強化を図ることを目的とする場でもあります。テーマを設定し、相談員が進行役を務めます。

体験交流会:男性のみ(50分)

   過去の飲酒生活や現在の断酒生活を振り返り、テーマは設定せず、参加者の方々がそれぞれにその日の心境で、話したい体験談や思い、考えについて語り合っていただくプログラムです。看護師、相談員が進行役を務めます。

自己課題設定ミーティング(50分)

 現在の自分の状況から、自分なりの課題を考え、それについての対策の検討から実践報告という一連のプロセスを分かち合うプログラムです。(課題例:再発再飲酒のプロセスをつかむ、飲酒欲求への対処法、イライラへの対処法、身体の不調の乗り越え方、空白の時間の過ごし方、他人との境界線の引き方、自分の思いを他人に伝える方法、自助グループ参加について、金銭や食事管理についてなど)

 一人の課題が皆の予習や復習になるという考えで取り組む時間になることを目指しているプログラムです。相談員が進行役を務めます。 

断酒生活の気付きミーティング:男性のみ(60分)

断酒生活に焦点を絞り込んだ、「断酒体験談」を分かち合うプログラムです。

  テーマを設定し、相談員が進行役を務めます。

アルコール関連問題ミーティング:男性のみ(50分)
 飲酒生活に焦点を絞り込んだ、「酒害体験談」を分かち合うプログラムです。

  テーマを設定し、相談員が進行役を務めます。

暮らす会:男性のみ(60分)

   自助グループ参加を定着させ、断酒の安定3年を超えた方々が、あらためて素面の日々の暮らしを振り返りながら、自分らしさや生き方などについての思いや考えについて率直に語り合い、分かち合うプログラムです。相談員が進行役を務めます。

断酒会を知る会(60分)
 アルコール症の回復に欠かせないものとして、自助グループがあります。これらの会では、まだ自助グループに参加されたことのない方々のために、すでに参加されている方々に司会進行役を持ちまわりでしていただき、実際の例会を体感できる機会として開催しています。そこから、地域の自助グループに参加するための足がかりとなるよう働きかけています。

院内例会(90分)
 アルコール症で通院している方々全員が参加する院内断酒例会です。小グループと違い、人数が多いことによる良い意味での緊張感があります。その中で他の方々の体験談を聴くことや、参加者の前に出て自らの体験談を語ることを通して、自分と向き合うことが出来ます。そして、酒害をより一層認識し、断酒の動機を更に深めていくことにつながります。相談員が進行役を務めます。

合同例会・断酒表彰(120分)
  アルコール症からの回復の第一歩は、自らの酒害を認めることから始まります。過

 去の酒害の現実を自分がやったことなのだと認め、自分は何故断酒する必要があるの

かを常に体験談で問い続けていきます。
  月に一回のこの例会では、断酒生活を何年も続けておられる方々や、地域の自助グ

ループ参加を中心に活動されている方々の参加も多数あり、その方々の体験談に大変勇気づけられます。また、3ヶ月・6ヶ月・1年・・・と断酒の節目を迎えられた方々の体験発表は、初心に返ることが出来る貴重な機会となります。
 この合同例会の最後の時間には、その月に断酒の節目といわれる、3ヶ月・6ヶ月・1年・2年・・・・・10年・・・を迎えられる方々の断酒表彰を行います。断酒生活の励みとして、皆さん楽しみにしておられます。

概ね断酒1ヶ月を迎えられる方々や、断酒生活において新たな一歩を踏み出された方々には、スタッフからの感謝の気持ちと、次には断酒表彰の場に立つことを目指していただきたいという希望の気持ちも込め、「あゆみ表彰」をお渡ししています。
 合同例会にはじめて参加された方々には、断酒という新しい生き方を選ばれたということに対して、「ニューライフ」のメダルをお渡しいています。

                          ***

初診者コースのプログラム(教育・洞察系)

初診者講座(50分)
  通院開始から始まり、全8回で終了します。

  アルコール症についての基礎知識として、「アルコール症の8つの特徴と治療の

3本柱」「否認」「再発再飲酒」「飲み方の異常」「アルコール症の悪循環」「自助グ

ループ、体験談を語り聴く」VTRレクチャー2本 という内容構成で相談員が講

義を行います。

初診者集団療法(50分)

 通院開始から始まり、全8回で終了します。

アルコール症からの回復に欠かせない柱として「自己洞察」があります。

体験談を語り聴くという「行動」を体験していただきます。テーマを設定し、相談員

が進行役を務めます。

初診者テキスト講座(50分)
 通院開始から始まり、全12回で終了します。
 アルコール症についての正しい知識を得ていただくために、アルコール症を様々な角度から説明している「アルコール症テキスト№1(1~7章)」「アルコール症テキスト№2(質問と回答)」を教材に使用します。前半の時間は、読み合せを行い、後半の時間は、相談員がより内容をわかりやすく解説します。

初診者健康教室(50分)

通院開始から始まり、全12回で終了します。

否認の強い方々にも身体面からの酒害であれば比較的自己洞察しやすい傾向にあることを活かし、「アルコールと?」という形式で、あたま・脳卒中・高血圧・心臓病・肝臓の働き・肝機能障害・膵臓・糖尿病・骨・栄養・食道、胃・睡眠 の12項目をテーマとして設定し、看護師から飲酒による身体障害についての講義をします。

                         ***

家族のみ参加するプログラム(教育・洞察系)

依存症講座:初診者家族向け(90分)
 アルコール症者の家族は、悩み、傷つき、疲れていても、その体験を客観視することが困難です。そこで、この教室では、「アルコール依存症を病気と理解するために」「家族を巻き込む病・巻き込まれの正体」という視点で、正しい知識を伝達する講義形式と、体験を共有化することによって、孤独感から開放されることを目指す意味でのミーティング形式で行います。その中から、家族の対処法を学び、日々の依存症者との関係を正しい方向に導いていけるように働きかけていきます。1クール12回を設定。継続参加できることを重要視し、参加頻度は個々様々です。相談員が担当します。

共依存講座(90分)

「飲むことにのめりこんでいる状態」のアルコール症者に対して、家族も「そのような人を何とかすることにのめりこんでしまう状態」になってしまうことを共依存といいますが、家族がこの不健康な状態に気づいたり、抜け出し新しい関係を作れるよう配慮しながら、ミーティング形式を用いて、他の同じような立場の家族の話をより多く聴ける講座になっています。相談員が担当します。

?

家族介入グループ(90分)
 まだ治療や断酒継続に至っていない人の家族も癒され、エネルギーを蓄え、正しい知識と対応法を学ぶことができ、自らの生き方を改善しつつ、相手に能動的に関われるようになることを目指しています。相談員が担当します。

?

共依存ミーティング:依存症講座終了後(90分)
 アルコール症者や他の依存症者の妻(または夫)は、その依存症者を支えたり、問題を肩代わりしたり、言動に振り回されたり、巻き込まれたりする関係にはまり込んでしまいます。このような方々を共依存的な人、重症の場合は共依存症者と呼びます。不健康な生活や、異常な状況を何とか改善しようと葛藤しているこれらの方々を対象に、グループで援助していく場です。相談員が担当します。

親グループ:依存症講座終了後(90分)
 アルコール症や他の依存を抱えている子供を持つ親のためのプログラムです。参加者は親の視点や自分自身としての視点で語っていただきます。私=親の価値観や物事の捉え方など自己洞察しながら親子の関係、子供の問題と向き合います。相談員が担当します。

家族SST(90分)
  依存症者の家族は、日々の生活のなかで、アルコール症者をはじめとした周囲の人たちを相手に、うまくコ? ミュニケーションがとれなかったという経験をしています。そこで、このプログラムでは、「SST(社会生活技能訓練)」という技法を使って、自分の気持ちや希望を相手にうまく伝えるなどの対人技能を練習することによって、家族自身のコミュニケーション力を磨いていくことを目的としています。
 実際の困っている生活場面をロールプレイで再現し、参加している仲間やスタッフの助言をもらったり、いいところを誉めてもらいながら、よりよいやり方(対処)を具体的に練習します。安全な場での練習を通して、それ ぞれの生活の場でも具体的に実際的に行動できるようになれます。相談員、看護師が担当します。

私のための時間(90分)
 依存症者の家族が、「依存症者のために」ではなく、「自分自身が」楽しんだり、リラックスすることを目的にしています。ここでは、お茶とお菓子を味わいながら、毎回違った内容のレクリエーションを体験していただきます。自分なりに楽しむことが目的ということから、参加者同士の交流のみの参加も選んでいただくことができます。相談員が担当します。

日曜家族会(90分)
 依存症者の家族は、定期的に自助グループなどに参加し、共通の悩みやしんどさを持つ仲間と交流し支え合う必要があります。ここでは、月一回家族の集いを開催して、再び不健康な状況に戻らぬよう自己点検したり、勇気と自信を回復するためのお手伝いをしています。自助グループ形式で、相談員が進行役を務めます。

泉の会(120分)
 依存症者である夫を亡くした妻達の自主グループです。

                            ***

リラクゼーション(実践)系プログラム

アルコール症者が断酒生活をスタートし突き当たる壁の一つに、「これまで飲んでいた時間をどう過ごしたらいいのか分からない」と空白の時間に非常に苦悩されます。それまでなら、飲酒によって一時の解決を見出していた方法も断酒によって、違う習慣、対処法を身につけていく必要があります。しかし、一般社会では身近な家族でさえもこの病気に対しての誤解や偏見が多く、習慣を変えていくことの困難さを体験せざるを得ないのが実際です。そこで、安全な場所で、飲まない習慣の体験であったり、空白の時間への対応や、人間関係のトレーニングの場として、リラクゼーションプログラムを提供しています。飲まずに取り組むことがイメージできなかった方々も、安全な場所で、安心できる仲間とともに体験することは成功体験、イメージ化に役立っています。

基本的に、初診者コースプログラム終了後から参加可能なものを選んで活用していただきます。

ヨガ教室        1クール1時間×2回実施のヨガ

ハンドワーククラブ   手作業での物づくり(羊毛、染物、折り紙など)

抹茶の会        お茶とお菓子でしらふの時間を過ごす体験

絵画教室       水彩画、四季折々の画材を使用

粘土工作教室      木材や割り箸などを使っての工作

体操くらぶ       転びにくい身体作り

クリエイティブクラス  オリジナルペイントにて作品つくり

書道教室        書道

グリーティングカード  オリジナルカードつくり

卓球倶楽部       卓球

カラオケクラブ     カラオケ

カンチャレルーム    漢字の勉強

デイケア夕食会     単身者で、自助グループ参加の助けとして活用
            完全登録制

語らいの空間      仲間とゆったり会話を楽しむ

ディケアディブリーフィング 仲間とゆったり会話を楽しむ

音楽鑑賞        様々なジャンルの音楽を鑑賞する

?

                    *******

?

重要なお知らせ

第3日曜日(合同例会断酒表彰)変更について

*****
教育系プログラム(初診者コースは除く)

・回復スキルアップ講座(60分)

 生活や人生に素面で向き合っていくということは、決して楽な道のりばかりではなく、様々な困難が目の前に現れてくるものです。そういった困難に対して、向き合い対応していくスタミナをつけていくことを目指したプログラム構成になっています。
断酒後間もない方々にとっては、今後の道標となり、断酒を継続されている方々にとっては、その時々に応じた自分なりの壁を確認しながら、様々な角度から見据え、対応策を考える時間です。
・ライフセミナー(60分)
  正しい知識や情報は、回復を促す道標と言えます。現在通院中の方はアルコール
 依存症の方が大半を占めますが、病気とは言えないが家族関係や人間関係に苦しんで

 いる方々もおられます。皆様のほぼ共通した特徴として、自分を大切にできない、自
らを生きるのが苦手といった傾向があります。このような全ての方々に共通して聴いていただける内容のソーシャルワーカー講義です。
 家族プログラムの中にも組み込まれていますので、参加者の半数は家族の立場の
方々です。この講義では、参加者が患者・家族の区別なく、ともに当事者として自
分の生き方について日々を振り返れるような時間です。
・月曜教室(60分)
   アルコール症について、教育ビデオと相談員から基本的な内容(回復プロセス・

再発再飲酒・否認・治療の3本柱など)にポイントを絞っての講義や、グループ
ミーティングで分かち合ったりと、様々な方法で運営します。アルコール症につ
いての正しい知識を吸収し、日々の断酒生活にも役立てていただきながら、参加
者の方々がご自身の回復を実感していただけるような時間です。
・月替わり講座(60分)
アルコール症を中心に、「教育・洞察」の柱に沿って、様々な方法で相談員が運営
 します。これまでの例:書籍「酒のない人生を始める方法」に沿ったワークでの自己
洞察、自分関係・他者との人間関係に焦点を当てたワーク、回復に焦点をあてた講義、
心の風景と題した即興劇、SSTなど。
・認知療法講座(60分)
 認知の偏りについて知り、実際の生活体験と結びつけて捉え、現在の生活に役立てていくにはどうすればいいかについて考える時間です。  

・菱本医師Q&A(60分)
  アルコール症からの回復の段階によって直面する課題は様々ですが、身体症状については断酒当初から直面化し、場合によっては生活習慣病として一生付き合っていかなければならない状況にまで深刻化しています。例えば、糖尿病、高血圧、腰痛、膵炎、胃潰瘍、大腿骨骨頭壊死・・・。この時間はこうした酒害であろう疾病に関わらず、内科疾病やちょっと気なる日常の体の不調や薬のこと、睡眠や記憶についてなど、幅広い設定で、参加者の方々から質問をお受けし、それに医師が回答するという形式で進めていきます。他の参加者の方々の質問とそれに対する回答を聞くことは、自分自身に置き換えて考えることで予習や復習になります。安心して専門治療に取り組み、円滑な断酒生活を送るために多くのヒントを得られる時間です。
・上田SW・土曜セミナー(60分)
正しい知識や情報は、回復を促す道標と言えます。この時間は、依存症からの回復について、考え方や生き方について、また自分らしさについてなどの視点を中心にした内容のソーシャルワーカー講義です。
・相談員アルコール症講座(60分)
 アルコール症について、「あんな時、こんな時、どうする?!」と題して、テーマ設定し、前半の時間は相談員が講義を実施。後半の時間は参加者を小グループに分けテーマミーティングを実施。最後に瞑想の時間をもつ。という形式で、この時間の中で、回復の3本柱「教育・洞察・リラクゼーション」を体験していただくプログラムです。                          ***

自己洞察系プログラム(初診者コースは除く)
・女性ミーティング(A・B):女性のみ(50分)
 女性のアルコール症者は、社会の偏見はもちろん家庭の中でも多くの重荷を背負っています。依存症に至るまでの道のりやその背景には、女性であるがゆえの生きづらさを伴っていることが多々見受けられます。そのような体験を素直に語り合うことが出来る女性だけのグループミーティングの場です。テーマを設定し、相談員が進行役を務めます。

・ シルバーグループ(50分)
過去の飲酒生活を振り返るとともに、同じ世代を生きてきた者同士が改めて時代
を振り返りながら、さまざまな角度で洞察に取り組みます。今ほど物があふれていない時代、目まぐるしく物や経済が発展した時代、仕事や人間関係での厳しさなど、アルコール依存症という病を通して仲間とともに分かち合います。相談員が進行役を務めます。
・サタデーミーティング(80分)
 就労を継続しながら、土曜日のみの通院で治療を継続されている方々を対象にしたグループです。アルコール症への理解が得られにくい一般社会や職場で断酒継続に取り組むことの難しさを分かち合ったり、社会人としての成長や断酒動機の確認、強化を図ることを目的とする場でもあります。テーマを設定し、相談員が進行役を務めます。

・体験交流会:男性のみ(50分)
   過去の飲酒生活や現在の断酒生活を振り返り、テーマは設定せず、参加者の方々がそれぞれにその日の心境で、話したい体験談や思い、考えについて語り合っていただくプログラムです。看護師、相談員が進行役を務めます。
・自己課題設定ミーティング(50分)
 現在の自分の状況から、自分なりの課題を考え、それについての対策の検討から実践報告という一連のプロセスを分かち合うプログラムです。(課題例:再発再飲酒のプロセスをつかむ、飲酒欲求への対処法、イライラへの対処法、身体の不調の乗り越え方、空白の時間の過ごし方、他人との境界線の引き方、自分の思いを他人に伝える方法、自助グループ参加について、金銭や食事管理についてなど)
 一人の課題が皆の予習や復習になるという考えで取り組む時間になることを目指しているプログラムです。相談員が進行役を務めます。 
・ 断酒生活の気付きミーティング:男性のみ(60分)
断酒生活に焦点を絞り込んだ、「断酒体験談」を分かち合うプログラムです。
  テーマを設定し、相談員が進行役を務めます。
・ アルコール関連問題ミーティング:男性のみ(50分)
 飲酒生活に焦点を絞り込んだ、「酒害体験談」を分かち合うプログラムです。

  テーマを設定し、相談員が進行役を務めます。
・暮らす会:男性のみ(60分)
   自助グループ参加を定着させ、断酒の安定3年を超えた方々が、あらためて素面の日々の暮らしを振り返りながら、自分らしさや生き方などについての思いや考えについて率直に語り合い、分かち合うプログラムです。相談員が進行役を務めます。
・断酒会を知る会(60分)
 アルコール症の回復に欠かせないものとして、自助グループがあります。これらの会では、まだ自助グループに参加されたことのない方々のために、すでに参加されている方々に司会進行役を持ちまわりでしていただき、実際の例会を体感できる機会として開催しています。そこから、地域の自助グループに参加するための足がかりとなるよう働きかけています。
・ 院内例会(90分)
 アルコール症で通院している方々全員が参加する院内断酒例会です。小グループと違い、人数が多いことによる良い意味での緊張感があります。その中で他の方々の体験談を聴くことや、参加者の前に出て自らの体験談を語ることを通して、自分と向き合うことが出来ます。そして、酒害をより一層認識し、断酒の動機を更に深めていくことにつながります。相談員が進行役を務めます。
・合同例会・断酒表彰(120分)
  アルコール症からの回復の第一歩は、自らの酒害を認めることから始まります。過

 去の酒害の現実を自分がやったことなのだと認め、自分は何故断酒する必要があるの
かを常に体験談で問い続けていきます。
  月に一回のこの例会では、断酒生活を何年も続けておられる方々や、地域の自助グ
ループ参加を中心に活動されている方々の参加も多数あり、その方々の体験談に大変勇気づけられます。また、3ヶ月・6ヶ月・1年・・・と断酒の節目を迎えられた方々の体験発表は、初心に返ることが出来る貴重な機会となります。
 この合同例会の最後の時間には、その月に断酒の節目といわれる、3ヶ月・6ヶ月・1年・2年・・・・・10年・・・を迎えられる方々の断酒表彰を行います。断酒生活の励みとして、皆さん楽しみにしておられます。
概ね断酒1ヶ月を迎えられる方々や、断酒生活において新たな一歩を踏み出された方々には、スタッフからの感謝の気持ちと、次には断酒表彰の場に立つことを目指していただきたいという希望の気持ちも込め、「あゆみ表彰」をお渡ししています。
 合同例会にはじめて参加された方々には、断酒という新しい生き方を選ばれたということに対して、「ニューライフ」のメダルをお渡しいています。

                          ***

初診者コースのプログラム(教育・洞察系)

・初診者講座(50分)
  通院開始から始まり、全8回で終了します。

  アルコール症についての基礎知識として、「アルコール症の8つの特徴と治療の
3本柱」「否認」「再発再飲酒」「飲み方の異常」「アルコール症の悪循環」「自助グ
ループ、体験談を語り聴く」VTRレクチャー2本 という内容構成で相談員が講
義を行います。
・初診者集団療法(50分)
 通院開始から始まり、全8回で終了します。
アルコール症からの回復に欠かせない柱として「自己洞察」があります。
体験談を語り聴くという「行動」を体験していただきます。テーマを設定し、相談員
が進行役を務めます。
・初診者テキスト講座(50分)
 通院開始から始まり、全12回で終了します。
 アルコール症についての正しい知識を得ていただくために、アルコール症を様々な角度から説明している「アルコール症テキスト№1(1~7章)」「アルコール症テキスト№2(質問と回答)」を教材に使用します。前半の時間は、読み合せを行い、後半の時間は、相談員がより内容をわかりやすく解説します。

・初診者健康教室(50分)
通院開始から始まり、全12回で終了します。
否認の強い方々にも身体面からの酒害であれば比較的自己洞察しやすい傾向にあることを活かし、「アルコールと?」という形式で、あたま・脳卒中・高血圧・心臓病・肝臓の働き・肝機能障害・膵臓・糖尿病・骨・栄養・食道、胃・睡眠 の12項目をテーマとして設定し、看護師から飲酒による身体障害についての講義をします。
                         ***
家族のみ参加するプログラム(教育・洞察系)

・依存症講座:初診者家族向け(90分)
 アルコール症者の家族は、悩み、傷つき、疲れていても、その体験を客観視することが困難です。そこで、この教室では、「アルコール依存症を病気と理解するために」「家族を巻き込む病・巻き込まれの正体」という視点で、正しい知識を伝達する講義形式と、体験を共有化することによって、孤独感から開放されることを目指す意味でのミーティング形式で行います。その中から、家族の対処法を学び、日々の依存症者との関係を正しい方向に導いていけるように働きかけていきます。1クール12回を設定。継続参加できることを重要視し、参加頻度は個々様々です。相談員が担当します。

・共依存講座(90分)
「飲むことにのめりこんでいる状態」のアルコール症者に対して、家族も「そのような人を何とかすることにのめりこんでしまう状態」になってしまうことを共依存といいますが、家族がこの不健康な状態に気づいたり、抜け出し新しい関係を作れるよう配慮しながら、ミーティング形式を用いて、他の同じような立場の家族の話をより多く聴ける講座になっています。相談員が担当します。
?
・家族介入グループ(90分)
 まだ治療や断酒継続に至っていない人の家族も癒され、エネルギーを蓄え、正しい知識と対応法を学ぶことができ、自らの生き方を改善しつつ、相手に能動的に関われるようになることを目指しています。相談員が担当します。

?
・共依存ミーティング:依存症講座終了後(90分)
 アルコール症者や他の依存症者の妻(または夫)は、その依存症者を支えたり、問題を肩代わりしたり、言動に振り回されたり、巻き込まれたりする関係にはまり込んでしまいます。このような方々を共依存的な人、重症の場合は共依存症者と呼びます。不健康な生活や、異常な状況を何とか改善しようと葛藤しているこれらの方々を対象に、グループで援助していく場です。相談員が担当します。
・ 親グループ:依存症講座終了後(90分)
 アルコール症や他の依存を抱えている子供を持つ親のためのプログラムです。参加者は親の視点や自分自身としての視点で語っていただきます。私=親の価値観や物事の捉え方など自己洞察しながら親子の関係、子供の問題と向き合います。相談員が担当します。
・家族SST(90分)
  依存症者の家族は、日々の生活のなかで、アルコール症者をはじめとした周囲の人たちを相手に、うまくコ? ミュニケーションがとれなかったという経験をしています。そこで、このプログラムでは、「SST(社会生活技能訓練)」という技法を使って、自分の気持ちや希望を相手にうまく伝えるなどの対人技能を練習することによって、家族自身のコミュニケーション力を磨いていくことを目的としています。
 実際の困っている生活場面をロールプレイで再現し、参加している仲間やスタッフの助言をもらったり、いいところを誉めてもらいながら、よりよいやり方(対処)を具体的に練習します。安全な場での練習を通して、それ ぞれの生活の場でも具体的に実際的に行動できるようになれます。相談員、看護師が担当します。
・私のための時間(90分)
 依存症者の家族が、「依存症者のために」ではなく、「自分自身が」楽しんだり、リラックスすることを目的にしています。ここでは、お茶とお菓子を味わいながら、毎回違った内容のレクリエーションを体験していただきます。自分なりに楽しむことが目的ということから、参加者同士の交流のみの参加も選んでいただくことができます。相談員が担当します。
・日曜家族会(90分)
 依存症者の家族は、定期的に自助グループなどに参加し、共通の悩みやしんどさを持つ仲間と交流し支え合う必要があります。ここでは、月一回家族の集いを開催して、再び不健康な状況に戻らぬよう自己点検したり、勇気と自信を回復するためのお手伝いをしています。自助グループ形式で、相談員が進行役を務めます。
・泉の会(120分)
 依存症者である夫を亡くした妻達の自主グループです。

                            ***
リラクゼーション(実践)系プログラム
アルコール症者が断酒生活をスタートし突き当たる壁の一つに、「これまで飲んでいた時間をどう過ごしたらいいのか分からない」と空白の時間に非常に苦悩されます。それまでなら、飲酒によって一時の解決を見出していた方法も断酒によって、違う習慣、対処法を身につけていく必要があります。しかし、一般社会では身近な家族でさえもこの病気に対しての誤解や偏見が多く、習慣を変えていくことの困難さを体験せざるを得ないのが実際です。そこで、安全な場所で、飲まない習慣の体験であったり、空白の時間への対応や、人間関係のトレーニングの場として、リラクゼーションプログラムを提供しています。飲まずに取り組むことがイメージできなかった方々も、安全な場所で、安心できる仲間とともに体験することは成功体験、イメージ化に役立っています。
基本的に、初診者コースプログラム終了後から参加可能なものを選んで活用していただきます。
・ ヨガ教室        1クール1時間×2回実施のヨガ
・ハンドワーククラブ   手作業での物づくり(羊毛、染物、折り紙など)
・抹茶の会        お茶とお菓子でしらふの時間を過ごす体験
・絵画教室       水彩画、四季折々の画材を使用
・粘土工作教室      木材や割り箸などを使っての工作
・体操くらぶ       転びにくい身体作り
・クリエイティブクラス  オリジナルペイントにて作品つくり
・書道教室        書道
・グリーティングカード  オリジナルカードつくり
・卓球倶楽部       卓球
・カラオケクラブ     カラオケ
・ カンチャレルーム    漢字の勉強
・デイケア夕食会     単身者で、自助グループ参加の助けとして活用
            完全登録制

・語らいの空間      仲間とゆったり会話を楽しむ
・ディケアディブリーフィング 仲間とゆったり会話を楽しむ
・音楽鑑賞        様々なジャンルの音楽を鑑賞する
?
                    *******
?