院長からのメッセージ 26

目的を大切にする

 自由にならないことに縛られてしまう例として「べき思考」があります。

たとえば心身症の人は、「体はいつも健やかであるべき」だと思いこんでいます。だから、少しの不調でも気になって仕方ないのです。

 すべてのことが「正しくあるべき」だと思い込んでいる人もよくいます。家庭内の物はいつでも整然としていて、あらゆる人は自分の仕事をきちんとやって礼儀正しく、約束はどんなことでも守られるべきだと。

 ところがこうした「べき思考」が強いと、本来の目的を見失う場合がよくあります。

 どんな行動にも、目的というものがあるのです。

 たとえば自動車学校には運転を習いに行くのであって、いじわるな教官とケンカしにいくのではないでしょう。たとえ教官の態度が悪かったとしても、その中で自分はどうやって免許をとるかを考えて、行動すればいいのです。

 家族旅行は楽しむために行くのであって、スケジュールをきっちり守る訓練をしにいくのではないし、渋滞もなく時間通り物事が運ぶかどうか検査しにいくわけでもない。旅先のサービスがちゃんとしているかどうかを調べにいくのでもないと思います。

 思い通りにいかないことがあったとしても、その中でどうやって楽しむかを考えればいいのです。

重要なお知らせ

第3日曜日(合同例会断酒表彰)変更について

目的を大切にする
 自由にならないことに縛られてしまう例として「べき思考」があります。
たとえば心身症の人は、「体はいつも健やかであるべき」だと思いこんでいます。だから、少しの不調でも気になって仕方ないのです。
 すべてのことが「正しくあるべき」だと思い込んでいる人もよくいます。家庭内の物はいつでも整然としていて、あらゆる人は自分の仕事をきちんとやって礼儀正しく、約束はどんなことでも守られるべきだと。
 ところがこうした「べき思考」が強いと、本来の目的を見失う場合がよくあります。
 どんな行動にも、目的というものがあるのです。
 たとえば自動車学校には運転を習いに行くのであって、いじわるな教官とケンカしにいくのではないでしょう。たとえ教官の態度が悪かったとしても、その中で自分はどうやって免許をとるかを考えて、行動すればいいのです。
 家族旅行は楽しむために行くのであって、スケジュールをきっちり守る訓練をしにいくのではないし、渋滞もなく時間通り物事が運ぶかどうか検査しにいくわけでもない。旅先のサービスがちゃんとしているかどうかを調べにいくのでもないと思います。
 思い通りにいかないことがあったとしても、その中でどうやって楽しむかを考えればいいのです。