院長からのメッセージ 認知療法編3

今日は「自由にならない外面的なことに感情を支配される考え方」ついてお伝えしていきます。

自由にならない外面的なものに対する認知障害

1、自然現象に感情を支配されている

2、社会情勢に感情を支配されている

3、日常生活の不都合な体験に感情を支配されている

4、他人の評価に感情を支配されている

 私たちの多くは、自由にならない外面の出来事に感情を支配されています。まずは、どのような外面に支配されているのか、その種類を知っておきましょう。

梅雨の季節、毎日のように降る雨に感情を支配されていませんか? 突然の夕立に腹を立てていませんか? ニュースを中心としたマスコミ報道などに不安をあおられていませんか? 日常に出会う不都合な体験や、他人の目(対人関係)支配されすぎていませんか?

 大切な自分の感情の支配権はどこに、あるいは誰にあるのか知りましょう。

そして、自分の感情を支配するものから少しずつ「自分」に支配権を取り戻し、自由になって行きましょう。ここでのポイントは簡単なこと、出来ることからやることです。

まずは、自然現象や社会情勢といったところからです。そして何事も完全を狙わないことです。日常生活の中で、感情を害したら何に感情を支配されているのかを認知し直します。

それは、自分の自由になるものかどうかを認知して下さい。そして、自由にならにものであれば、生活の中でそれに支配されないようにいつも心掛けてみて下さい。

 「あきらめる」というのは「明らかに見る」「それは自分の自由になるものか、そうでないかを明らかに見る」です。自由にならないものであれば、それを明らかに見る。そして静かにあきらめる。 自由になるものを探し、行動してみる。自由になるものがあれば幾つの行動方法があるかを考え、実行可能なものから行動する習慣をつけてみましょう。

重要なお知らせ

第3日曜日(合同例会断酒表彰)変更について

今日は「自由にならない外面的なことに感情を支配される考え方」ついてお伝えしていきます。

自由にならない外面的なものに対する認知障害
1、自然現象に感情を支配されている
2、社会情勢に感情を支配されている
3、日常生活の不都合な体験に感情を支配されている
4、他人の評価に感情を支配されている

 私たちの多くは、自由にならない外面の出来事に感情を支配されています。まずは、どのような外面に支配されているのか、その種類を知っておきましょう。
梅雨の季節、毎日のように降る雨に感情を支配されていませんか? 突然の夕立に腹を立てていませんか? ニュースを中心としたマスコミ報道などに不安をあおられていませんか? 日常に出会う不都合な体験や、他人の目(対人関係)支配されすぎていませんか?
 大切な自分の感情の支配権はどこに、あるいは誰にあるのか知りましょう。
そして、自分の感情を支配するものから少しずつ「自分」に支配権を取り戻し、自由になって行きましょう。ここでのポイントは簡単なこと、出来ることからやることです。
まずは、自然現象や社会情勢といったところからです。そして何事も完全を狙わないことです。日常生活の中で、感情を害したら何に感情を支配されているのかを認知し直します。
それは、自分の自由になるものかどうかを認知して下さい。そして、自由にならにものであれば、生活の中でそれに支配されないようにいつも心掛けてみて下さい。

 「あきらめる」というのは「明らかに見る」「それは自分の自由になるものか、そうでないかを明らかに見る」です。自由にならないものであれば、それを明らかに見る。そして静かにあきらめる。 自由になるものを探し、行動してみる。自由になるものがあれば幾つの行動方法があるかを考え、実行可能なものから行動する習慣をつけてみましょう。