院長からのメッセージ 回復のために 5

 昨日は、神戸で断酒会の全国大会が行われました。そこで、懐かしい人々と再会し、かけがえのない一時を過ごすことができました。そこで今日は、17年前の阪神大震災の頃の話をしたいと思います。

 当時は、今現在のクリニックから少し離れた場所にクリニックがありました。震災の影響を受け、その建物では診療を続けることが出来なかったため、今現在の場所にあるわけですが、当時のそんな状況の中、クリニックの近に住んでいた患者さんは大阪に避難され、私は、通勤が難しいので、クリニックに滞在していました。そして、時間や日が経つにつれて、テレビやラジオでの情報を頼りに断酒会の仲間がクリニック近くに住むその人の安否を気遣い、何ども通じない電話に連絡を入れ、何時間もかけて歩いて安否を確認しにやってきたというエピソードを思い出します。断酒会の絆の強さを痛感した出来事でした。そして、その震災の翌年に昨日と同じ、神戸で断酒会の全国大会が行われました。一人で断酒継続することは出来ません。共に同じ志しを持った人の集まりの中で、回復の道を歩んで行って頂ければと願います。

重要なお知らせ

第3日曜日(合同例会断酒表彰)変更について

 昨日は、神戸で断酒会の全国大会が行われました。そこで、懐かしい人々と再会し、かけがえのない一時を過ごすことができました。そこで今日は、17年前の阪神大震災の頃の話をしたいと思います。
 当時は、今現在のクリニックから少し離れた場所にクリニックがありました。震災の影響を受け、その建物では診療を続けることが出来なかったため、今現在の場所にあるわけですが、当時のそんな状況の中、クリニックの近に住んでいた患者さんは大阪に避難され、私は、通勤が難しいので、クリニックに滞在していました。そして、時間や日が経つにつれて、テレビやラジオでの情報を頼りに断酒会の仲間がクリニック近くに住むその人の安否を気遣い、何ども通じない電話に連絡を入れ、何時間もかけて歩いて安否を確認しにやってきたというエピソードを思い出します。断酒会の絆の強さを痛感した出来事でした。そして、その震災の翌年に昨日と同じ、神戸で断酒会の全国大会が行われました。一人で断酒継続することは出来ません。共に同じ志しを持った人の集まりの中で、回復の道を歩んで行って頂ければと願います。