第1章 アルコール症の治療を阻害するもの(4)

「三つの誤解と偏見」

●第一の誤解と偏見:病気への正しい知識

アルコール症者は、決して世間で考えられているような意志の弱いだめな人間ではありません。

アルコール症の正しい治療は、本人と同時に家族を中心とした周囲の人々も含めて、

この病気の正しい知識を身につけることから始まります。

しかし現実には、アルコール症者に対するこのような誤解と偏見がまだまだ根強く残っており、このために多くのアルコール症者が正しい治療を受けることさえも拒否しているのが現状です。

このような第一の誤解と偏見のため、アルコール症者は自分がアルコール症にまでなっていないことをいつも証明したがっています。

次回は「第二の誤解と偏見」が、実はこのようなアルコール症者の思いに知らず知らずのうちに非常に役立つ形になっているということをお話しさせていただきます。


重要なお知らせ

第3日曜日(合同例会断酒表彰)変更について

「三つの誤解と偏見」
●第一の誤解と偏見:病気への正しい知識
アルコール症者は、決して世間で考えられているような意志の弱いだめな人間ではありません。
アルコール症の正しい治療は、本人と同時に家族を中心とした周囲の人々も含めて、
この病気の正しい知識を身につけることから始まります。
しかし現実には、アルコール症者に対するこのような誤解と偏見がまだまだ根強く残っており、このために多くのアルコール症者が正しい治療を受けることさえも拒否しているのが現状です。
このような第一の誤解と偏見のため、アルコール症者は自分がアルコール症にまでなっていないことをいつも証明したがっています。
次回は「第二の誤解と偏見」が、実はこのようなアルコール症者の思いに知らず知らずのうちに非常に役立つ形になっているということをお話しさせていただきます。