banner

医院長ごあいさつ

宋クリニック院長、宋龍啓です。

アルコール大量消費の時代となり久しいですが、アルコールの問題を抱える本人やそれに悩まされる周囲の人々、特にご家族のご苦労は並大抵のものではありません。当院では、それに対応すべく体制を整えると共に、ホームページも時代に添って大幅に改定を加えて行っております。

当院も以前は、他のクリニックと同様、摂食障害や神経症、うつ病、統合失調症なども診て参りましたが、アルコール乱用や依存で困っている人々に対応することの重要性を踏まえ、アルコール依存症に特化した体制を強化してきました。ただ断酒をするだけではなく、アルコール問題の背景に潜む他の疾患にもしっかりと焦点を当てて治療を行います。うつ病やうつ状態、神経症、統合失調症、その他各種の精神的な疾患のため生き辛さを感じ、それをアルコールでカバーしている間に依存症になった人が多いからです。

アルコール依存症の治療としてただ断酒指導を行うだけでは、その生き辛さやストレスを感じやすい生き方のために飲酒を再発する人が多いので、依存症の治療と共に元々あるその人固有の精神的な病や生き辛さを軽減する治療に移行して行き、再発予防を治療の重要な柱にすることが必要となりその対応をしています。

アルコール依存症は現在でもアルコール専門病院へ入院することが主な治療法となっていますが、退院後すぐに飲酒再発し、人生の中核を為す年代を入退院の繰り返しで過ごしてしまい、一回しかない貴重な人生を台無しにしている人が多すぎます。私も昭和56年、アルコール外来が無かった時代にアルコール専門病院の入院治療に係りましたが、あまりに入退院が多すぎるため限界を感じ、欧米では中心である外来にての治療を昭和63年より神戸元町にクリニックを開設して外来治療を始めました。

その頃は、他の精神疾患治療の一コマとしてアルコール依存症の治療に当たっていましたが、片手間ではアルコール依存症の回復は困難であると気付き、日本でほぼ唯一のアルコール依存症専門外来としての治療に変わっていきました。その後は、様々な工夫を経てきましたが、その中でも、多岐にわたる治療方法により、患者さんたちご家族が断酒によって回復するクリニックを目指しております。

アルコール依存症の問題として、本人は自分がアルコール依存症になっていることに気付かないか否認を行い、困った周囲の人々、特にご家族の方々に無理に連れて来られるケースが多くあります。アルコール問題を抱えたご家族の苦労は想像を絶するものがあります。家族の一員にアルコール依存症者が存在すると、家族は何とかしようとして色々な努力をされますが結局は問題の解決に繋がらず、最後は何をしても無駄だと諦めることが多いのです。
そのような場合は、「この人には何をしても何を言っても無駄だ」と諦めずに、とりあえず家族から来院され、アルコール依存症者への対応の仕方や家族のストレスケアを行う中で、アルコール依存症者本人の来院へ導いていき、そこから回復へ繋がることも多々あります。実際にご家族の方が先に来院されて、アルコール依存症についての正しい知識を得、対応の仕方を学ぶことで、後から本人が来院されて回復されているケースが中心になっています。ただし、本人自身が自分のアルコールには問題があるのではないかと受診される方も以前に比べて増加しています。

最近はアルコールの消費量が増え、アルコール類の宣伝も非常に多いので、アルコール依存症で困っているご本人や家族が増加の一途を辿っています。また、アルコール依存症も、女性の方や若年層、年配の方、特に定年退職後にアルコールに依存する人々と多岐にわたってきました。

アルコールによって派手に目に付く問題を起こすケースだけではなく、昨今では、臓器疾患で内科入退院を繰り返してその間に色々な問題が積もっていく、いわゆる静かなアルコール依存症も増加しています。そのような方々に対しても、内科と連携しながら幅広いケアを行っていますので、是非、ご来院の上ご相談いただくことをおすすめします。

今回のホームページ改定に伴って、アルコール問題の拡がりやその治療法、どのような人がアルコール依存症になり易いかなどを詳しくお知らせしたいと思います。 今後もホームページの内容を充実させて行きますので、繰り返しの閲覧をおすすめします。


どうぞ、あきらめずにご相談下さい。

Copyright(c) 2015 宋神経科クリニック. All Rights Reserved.