banner

院長からのメッセージ

第3回「アルコール乱用による身体疾患と、その疲れがいつの間にか失って行く周りからの信用」
            ~大量飲酒者は何故、過度に疲れやすくなるのか~

2018.4.6

 アルコールによる身体疾患として一番ポピュラーなのは肝臓の疾患ですが、アルコール性肝炎から肝硬変、肝癌へ移行する人が非常に多くなっています。

 アルコールが体内で分解されたアセトアルデヒドという物質が肝臓に障害を与えると言われていましたが、それだけではなく、肝障害を起こした細胞とリンパ球が結合しその物質が肝臓を攻撃することが最近解ってきました。そうなると、断酒しても肝臓が正常になるのに長い時間が掛かります

 飲酒している限り肝疾患は進行し、たとえ内科に掛かっていても飲酒生活のため肝炎から肝硬変、肝癌で死に至るケースが多いのです。

 膵臓も、アセトアルデヒドと内臓を攻撃する物質によりダメージを受け、膵炎になり、脂肪の分解が遅れ腹痛や高脂血症、下痢などが続く他に、糖尿病も発症しやすくなります。

 その代表が高脂血症です。

 脂肪の分解が出来ず中性脂肪が上がり、高脂血症になります。その結果、血液がドロドロになって血管に詰まり易くなり、脳梗塞など脳血管障害が多くなります。昔、大量飲酒者が脳卒中という名前で死に至る場合が多かったのは、そういう仕組みによるものだったのです。
 更に、分解されなかった脂肪が内臓に沈着し、心臓や肝臓に脂肪が溜まり機能が落ちます。

 その代表が脂肪肝と言われる現象です。

 次に、乳酸という疲労物質も分解されにくくなり、高乳酸血症が起こりいつも疲労した状態になるのと、乳酸が溜まると腎臓の機能が落ち、特に尿酸が腎臓から排泄されず高尿酸血症(痛風)となります。また、大量飲酒者のほとんどは関節炎や心筋梗塞にも悩まされ続けます。

 アルコール大量摂取による直接的な疲労や臓器疾患によるに加え、疲労物質の乳酸が蓄積し、更に全身倦怠感が起こり、その辛さを誤魔化すために更なる飲酒に繋がり、身体はいつも倦怠感や過労状態となります。

そして、職場においては作業能率が低下したり、遅刻欠勤などが年を経るごとに増えたり、家庭内では自らの役割が果たせなくなり、遂には職場や家庭での信用を失ってしまいます。

 飲酒による肉体の辛さだけではなく、以上のように職場、家庭、社会での信用を失い、その辛さのため意欲も低下してしまいます。

 そうしていつの間にかじわじわと、アルコールによる身体の障害と人間関係の障害が渦を巻くように進行して行くのです。



第2回「外面的なものに感情を支配されて嫌な気分になるのはもう止めよう」

2018.3.16

 私たちは本来、自分ではコントロールのできない外面的なことに、大切な感情を支配されてしまうことが多くあります。そして感情が不安定になり、それが続くとストレスだらけの生き方になってしまいます。それがアルコール乱用に繋がり、依存症になってしまうことも多いのです。それでは、人間はどういうものに感情を支配されているかの例を挙げておきます。

1. 自然現象

 雨降りや夏の暑さ、冬の寒さなどに感情を支配され、鬱陶(うっとう)しいと感じ過ぎる場合がよくあります。もちろん、自然現象に左右される農業や漁業を営んでいる人々は、日照りや台風や長雨などを気にするのは当然のことです。しかし、一般の人々が自然現象を気にし過ぎ、感情を支配されるのはいかがなものでしょう。「雨降りは鬱陶しい」と言われることがよくあります。確かに気圧が下がったとき、関節炎などを持っている人は痛みが増すことがあります。それでも年の3分の1はある雨降りに対し、すぐ鬱陶しいというマイナス感情を持つのは止めましょう。小学校時代、台風や大雨になると学校が休みになりむしろ喜んでいた人が、大人になるにつれ周囲が雨降りは鬱陶しいという言葉を繰り返し聞かされる中で、そう思い込んでしまう場合も多いのです。年3分の1の雨降りや、毎年繰り返す夏の暑さや冬の寒さに鬱陶しさを感じていたら、いつ機嫌よく生きられるのでしょうか。


2. 社会情勢

 私たちは、社会情勢を各種のメディアを通して知ります。実際には、最近の犯罪率は過去最低であり殺人件数も過去最低なのです。しかし、メディアが大げさに騒ぎ立てるため嫌な気分になる人が多過ぎます。さらに、日本の報道機関は政府を攻撃することから始まりましたので、新聞には嫌な記事が満載です。そういうものに感情を左右され過ぎるのは、もう止めましょう。社会のことを悪く言うのが日本の報道機関の特徴であり、他国では決してそんなことはありません。社会の良い面を記事にするのが伝統的な国も、たくさんあるのです。


3. 日常出会う不都合な出来事

 私たちは、日々の生活の中で、ちょっとした拒絶体験によく出会います。電車が遅れたり、態度の悪い店員に出会ったり、注文を間違えるウエイトレスに出会ったり、不親切な役所の窓口などに出会ったりすると、嫌な感情にさいなまれるものです。しかし、こんなことは生きている限りよく出会うことであり、こういう体験で長い時間感情を害するのはもったいないことです。嫌な店員に出会って感情を害したら、私たちは、たまたま出会った店員に感情の支配権を譲り渡している訳です。いつも感情の支配権を外面的なものに譲る生き方は、もう止めましょう。


4. 他人の目

 私たちは、世間体を気にしなさい、というメッセージを長年受け続けてきました。その結果、他人の目が気になり過ぎ対人恐怖に陥って、他者から嫌われたのではないかと落ち込んだりし過ぎる場合が多いのです。他人の目を気にし過ぎるのは私たちの文化に組み込まれた、大きな生きづらさを感じる罠なのです。他者に感情の支配権を渡し続けるのは、もう止めましょう。


 5. 肉体的問題

 風邪引きで体がだるい、年を取って腰が痛い、関節が痛いなど、肉体的問題はそれだけでも身体が辛いものです。ところが多くの人は肉体的な辛さだけに留まらず、大切な感情まで影響され、ついてないと思ったり、鬱陶しいとか不機嫌になったりします。肉体的な辛さに加えて感情も害してしまうと二重に辛いわけです。これからは、肉体的な障害が生じたときは身体的な辛さだけに留めて、感情にまで気分の悪化を及ぼすことは、もう止めましょう。
 

 この図は一例ですが、この①から⑤に書いた外面的なことに感情を支配されるのを少しずつ止めて行くと、それ以前のように、イライラしたり、怒ったり、落ち込んだりすることは少なくなるでしょう。そうすると心も少しずつ安定し、ストレス軽減に役立ち、ストレスが溜まってもそこから解放され、安定した気分で断酒生活も楽になることでしょう。




第1回「アルコール依存症の回復の難しさ」

2018.3.4

 アルコール依存症者は、自分のアルコール問題を過少にしか考えなかったり節酒にこだわったりします。これをニコチン依存と比較してみましょう。

 ヘビースモーカーの人に「あなたはニコチン依存症ですね」と問うと、素直に認めます。また、一日の本数を減らしましょうとか週に何日かはタバコを抜きましょうとか、機会があれば少しぐらいのタバコはいいですよと述べると「そんなことは出来ません」と答えるものです。半年や一年禁煙した人に、もう吸ってもいいのではないですかとは誰も言いませんし、止めていても喫煙が始まると元の木阿弥になることは皆さん知っています。つまり、ニコチン依存症者は、最初から依存の本質を理解しているのです。

 それに反して、アルコール依存症者は全く違います。 まず、自分がアルコール依存に陥っていることを認めようとせず、周囲が困って来院される方がほとんどです。また、せっかく来院できても自分はアルコール依存ではないと言い張ったり、節酒にこだわったりして、最初から回復のチャンスを逃してしまいます。 あるいは、せっかく本人が断酒していても、周囲の人が少しぐらいならいいだろうと勧めることもよくあります。つまり、ニコチン依存と違って本人も社会もアルコール依存の本質を知らないのです。

 アルコールが身体におよぼす悪影響は、タバコの比ではありません。アルコール摂取に関連する身体の病気については別の機会に説明しますが、残念なことに、一般の医師もアルコール依存症のことを正確に理解していない人が多いので、節酒を勧めてしまうこともよくあります。そんなことをしている間に大量飲酒が続き、身体のいろいろな病気は悪化の一途をたどり、ついには死に至ります。身体だけでなく、家族や職場や大切な友人たちの信頼を失い、人間関係が崩壊してしまいます。周りから相手にされなくなると、心の中は受け入れてもらえないやるせなさや寂しさ、孤独感、無気力、抑うつ状態に陥り、これが更なる飲酒を呼んでしまいます。また、生活もリズム感を失い張りのある生活も障害されてしまいます。

 次に、いろいろな問題を乗り越えようとしても一方では各種の問題は溜まっていき、その過程の中で問題解決能力も低下します。まとめますと、アルコール依存は身体の病気だけでなく心の障害、生活の障害、生きる意欲の障害、という風に人間の持っている大切なものを全て奪いつくしてしまいます。

 回復のためには、まず、自分がアルコール依存であると認めることが大切です。

 最初は、悪化した身体のために止めなければならないと断酒しても、少し良くなると再飲酒が始まり、また身体を悪くするという悪循環が認められます。アルコール依存症者が一番多くかかっている医療機関は内科なのです。しかし、そんなことを繰り返している間に上記のように大切なものを全て失ってしまいます。

 アルコール依存からの回復を阻害する、一番の要因がそこにあります。

 そして、やっと自分のアルコール問題を認めて断酒を継続しようとしても、いろいろな障害が待ち受けています。たとえば、飲酒時代の後遺症は、肉体の病気による辛さやしんどさだけではありません。飲酒時代に失ったもの、失職や離婚は言うに及ばず、職場が自分を重要視しなくなったことに対するやるせない感情、家族が相手にしなくなったり冷たくなったりしたことによる情けなさ、飲酒時代にやり残した経済問題や子供の問題など、一般の人よりも障害物が積み上がっています。

また、断酒していても周囲の人がそれを疑うこともあって、情けない思いや怒りも出現します。簡単に言うと、一般の人と比較して環境が悪化しているのです。

 人間は、習慣の生き物です。このような問題に何度もぶつかっているうちに飲酒欲求が高まり、飲酒再発することが多々あります。アルコール依存が作り出した問題が、断酒の大きな障害になるというジレンマに陥ります。

 このようなアルコール問題から回復するためには、アルコール依存症のことを良く知っている人や機関に相談することが最善の方法です。
Copyright(c) 2015 宋神経科クリニック. All Rights Reserved.